ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
2013年 10月 03日 ( 4 )
ハネダクラフト マッスルベイトフック L 入荷


ハネダクラフト 

マッスルベイトフック L 

入荷しました。



a0153216_23281830.jpg


      おおの販売価格:@¥1,606‐

                            おおの
by ls-ohno | 2013-10-03 23:30 | 雷魚ルアー・用品入荷情報
ハネダクラフト マッスルベイトフック L 入荷


ハネダクラフト 

マッスルベイトフック L 

入荷しました。



a0153216_23281830.jpg


      おおの販売価格:@¥1,606‐

                            おおの
by ls-ohno | 2013-10-03 23:29 | 雷魚ルアー・用品入荷情報
エバーグリーン リトルマックス3/8oz 入荷


エバーグリーン 

リトルマックス3/8oz 


8色入荷いました。


リトルマックスのHP
http://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Littlemax_1106809_1.html

a0153216_11273018.jpg


これがメタルバイブレーション。
驚異的な飛距離、低水温タフタイムの切り札。


リトルマックスが本当の威力を発揮するのは晩秋から春にかけての低水温期の陸っぱりです。特に急激な冷え込みや水温低下のタフタイム、スモールワームやC.C.ラウンドでさえ、バイトが無い時やショートバイトで乗せられない時には絶対的に「これしか釣れない。」と菊元俊文が断言するほどの切り札的存在です。



全長: 5.0cm
自重: 3/8oz

推奨タックル
Rod:ライト〜ミディアムライトベイトロッド
Line:フロロカーボン8〜12lb. or ナイロン8〜12lb.

リング(スナップ)サイズ
【ラインアイ】 ルアースナップ#1

フックサイズ
【ダブルフック】 フロント:#6・リア:#6

価格 945円(本体価格:900円)



入荷したのは、画像左:右
上段 ダモンデシャッド:クラウン
二段 ブルーバックチャート :ブルークロームシャッド
三段 ホログラムワカサギ :コットンキャンディー
四段 ベイビーギル :キンクロ

a0153216_11405693.jpg


ダモンデシャッド:
a0153216_11511854.jpg

クラウン:
a0153216_11513520.jpg

ブルーバックチャート:
a0153216_11515210.jpg

ブルークロームシャッド:
a0153216_1152744.jpg

ホログラムワカサギ:
a0153216_11522283.jpg

コットンキャンディー:
a0153216_11525865.jpg

ベイビーギル:
a0153216_11531253.jpg

キンクロ:
a0153216_11532565.jpg


      おおの販売価格:@¥803‐


                          おおの
by ls-ohno | 2013-10-03 11:56 | バスルアー:用品入荷情報
店長渡辺の秋の研修 25.9.30.釣行


H25.9.30.

店長渡辺の秋の研修 



当店のお客様には、

南湖で釣りをされる方が多いのですが、

店長は、夏場ライギョ釣りに傾倒します。

7月半ばの“琵琶湖でバスフィッシングを楽しもう会”

以降は、南湖から遠ざかります。

毎日熱心なバサーとの話を重ねていますので、

全体の流れは把握できていますが、

自信を持ってお客様と情報交換する場合には、

どうしても自分自身の感覚が大切です。

8月下旬の大雨から9月の18号台風による豪雨による影響

も落ち着いてきた、“今”を捉えて、南湖のベテランガイドで、

当店の“楽しもう会”の総合司会を担当してくれている

黒須和義プロのガイドを受けてきました。




9月30日(月)7時30分頃に少しゆっくり目でレークマリーナを出船。

水路から本湖に出ると、流れを感じる。

ウィ―ドが南に向けて寝ている。

どうやらまだ全開放流しているようだ。

水の色を観察したところ、

シャロー側のウィ―ドに囲まれたところでは水の色はクリアで、

ウィ―ドに囲まれていない沖では、ささ濁り。

釣り易い雰囲気のように思えた。

志那沖では、しゅんせつ船がミオ筋を作っているようで、

北山田沖はウィ―ド刈りをしており、ド茶濁り状態。

シャローから沖のディープまで色々なところをチェックしたが、

午前中は、主にシャローエリアで、

水面にまで来ているウィ―ドが、まばらなところで、

ノリーズのバズベイト/ヴォルケーノで反応をみた。

2回あたりがでたが、ノーキャッチ。


そこより更にウィ―ドの少ないところでは、

水面直下でオメガビッグを巻いてみた。

結局あたりは出なかったが、いけそうな感じがしたので、

バズを引いたところより更にウィ―ドの少ないところを選んで

フラチャット7gを使ってみたところチビと45UPの2本をGET。
a0153216_23255223.jpg




昼休みを取り、2時過ぎに沖へ。

水深3m位のところにウィ―ドトップが来ているところで

オーバー3をひいたところ、何と45UPをHIT。
a0153216_23265583.jpg


黒須さんが、良く釣れたね!といった表情をする。

流れのある場合、

なかなかクランクで釣るのは難しいんだけど、と・・。

周りを注視するとウィ―ドが立っている。

どうも水門が締まったようで、流れが止まると、

にいたベイトは、流れを感じることが出来る沖へ移動する。

バスもこれについて沖へ。

 ということが、このヒットにつながったようだ。

クランクでもう1本との思いで、

ウィ―ドトップが4m位のところに移動して、

ノリーズ・オーバー5がウィ―ドにタッチするようにして引いた。

普段こうした釣りは余りしないので、

クランクの名手の直指導を受けた。

こうしたポイントでは、ディーパ―レンジ3/4ozを使って

ウィ―ドの間を釣る釣りもやってみた。

黒須さんが、ノリーズを離れた後も、

ノリーズ商品を販売するLS-OHNOとしては、

ノリーズルアーを熟知する黒須さんから、

エリアの見立て、そこでのルアーの選択、そのルアーの使い方を

シッカリ指導して貰ってこい、

というおじさん(社長)の命令を受けての釣行。

自分の釣果は、3匹、黒須さんは7~8匹でしたが、

今回は釣果を求めての釣行ではなかったので、

自分にとっては、得るものが多い、本当に良い研修となりました。

黒須さん 有難うございました。



この日使ったタックル:
ロッド:ノリーズHB760L
リール:コンクエスト200DC
ライン:LS-OHNO オリジナルフロロ14 Lb
ルアー:ヴォルケ―ノ3/8oz,オメガビッグ、フラチャット1/4oz、
     

ロッド:ノリーズHB760M
リール:コンクエスト200DC
ライン:LS-OHNO オリジナルフロロ14 Lb
ルアー:ノリーズオーバー3、フラチャット3/8oz
     ノリーズオーバー5

ロッド:ノリーズHB6100H
リール:コンクエスト200、アンタレスDC
ライン:LS-OHNO オリジナルフロロ16 Lb
ルアー:クリスタルSディーパ―レンジ3/4oz




黒須さん 有難うございました。

研修とは言えもう少し魚に

触れることが出来ると良かったのですが、

渡辺の得意とするジグヘッドの釣りは禁止。

バスの顔を見ることを目的にした釣りならば、

もっと多くのバスに触れることができたと思います。

今の南湖は、相当日ムラがあるようで

シーズンンもここまで来ると、いわばスレまくり。

風が吹いたり、流れが出たり、止まったり、

あるいは急に曇って雨が来たりなどの

変化が出ることで、スイッチが入ることが多いようです。

なお、画像は、黒須さんのHP BLOGより拝借いたしました。

                  おおの
by ls-ohno | 2013-10-03 00:03 | バス釣果情報