ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
2011年を振り返って


 

2011年は、日本にとっては大変な年となりました。

私達の業界では、ビッグメーカーが、

再びバスフィッシングに対する環境を見直し、

これにシッカリと取り組み始めてた矢先のことでした。

この業界に身をおく者としては、釣り道具を中心に

広く釣りという文化の中で、

お客様のご期待にお応えしてゆくことが、

日本を明るくすることに繋がると考え、

自分達にできることを一つ一つこなすことで

その責務を果たして行きたいと思います。



   2011年の思い出:


 SS6500CDL-Brown の作成


時系列的に言って最初にあげなければならないのが、

PFJ社を通してS.下村氏が作り出すABUリールの

復刻製作を特注したこと。 

ABU Ambassadeur SS6500CDL-Brown の発売です。

業界の事情で2011年1月に納品予定が、
2010年12月29日に入ってしまいました。

生産は、65台限定で、
大半は2011年5月末で、予約も含め完売となりました。

光の当たり具合で、色合いが変化して見えます。
2011年を振り返って_a0153216_0134883.jpg


2011年を振り返って_a0153216_0155453.jpg


2011年を振り返って_a0153216_0182716.jpg


2011年を振り返って_a0153216_0211466.jpg


2011年を振り返って_a0153216_0233335.jpg


2011年を振り返って_a0153216_0243617.jpg




  “ぐっさん家”


 シーズン明けて間もなくの3月下旬、思わぬ所からの取材を受けました。
この辺りでバスを釣りに行くとしたらどんな所がありますか?
と言うものでした。
何回かのやり取りを経て、少しずつ内容が明らかになって行きました。

それは、通常の地上波テレビ番組の、釣り番組でない番組で、
一般の釣ではないバスフィッシングをする番組を、
土曜日の午後6時30分~7時の時間帯で、放映するという企画でした。

番組名は、なかなか明らかにしてくれませんでした。
一般の番組から
バスフィッシングをするシーンが消えて、もう久しくなります。

 しかし時は あの東北大震災に大津波、
おまけに福島原発爆発被災の真只中です。

暗く落ち込んでいては何も進みません。

ましてや釣りなんぞ、という雰囲気が充満し始めていました。

しかし、こうした時だからこそありがたい。
嬉しい企画が進んでいる。
お手伝いできることがあったら、
是非、お手伝いしたい、と思いました。

早速、東海バスクラブTBC代表の平野正さん、
ラッティーツイスター代表の高井主馬さん等に協力をお願いし、
番組へのサポートを開始しました。

渡辺が、テレビ局の担当者のNさん、Tさんとともにフィールドへ出て、
撮影場所を探訪する傍ら、フィールドからは釣果情報を集めましたが、
今年は残念なことに春が遅く、バスの動きは渋く、

17日のTBCの例会では、全員がボーズでした。
  
きつい釣りになることを覚悟しました。

誰が釣りをするのかも分からず準備を進めたのですが、
番組の名前が明かされたのは、本番直前でした。

4月19日(火)収録ロケです。

2011年を振り返って_a0153216_0364312.jpg

朝一の静かなフィールドも、間もなく怪しげに。
雲の流れが早くなり、雨模様となり、肌寒い。
こうした流れから、バスの動きを読むと、

最悪のノーフィッシュを覚悟しました。

結果は、東海テレビ“ぐっさん家”をご覧頂きましたように、

2011年を振り返って_a0153216_037527.jpg

最後はドラマでした。
2011年を振り返って_a0153216_039313.jpg

厳しい世界で揉まれて勝ち上がって来た方は、
何かをお持ちです。

高井さんのセレクトしたクリスタルSを、
杭の向うの絶妙なポイントにキャストした照英さん!

さすがですね。

1匹のバスは、番組ゲストの照英さんに感動をもたらしました。
そのときの雄叫びが、印象的でした。
因みに、これが照英さんの初バスのようです。

勿論、釣れなかったぐっさんこと山口さんの悔しさを、
カメラは冷酷に映し出しました。
2011年を振り返って_a0153216_0393328.jpg


お茶の間でご覧になられた一般視聴者の皆様にも、
十分にバスフィッシングの楽しさをお伝えできたのではないかと
思います。

何人かで釣りをすれば、釣れる人、釣れない人がでます。
どこにでもある釣りの風景が、描かれていました。
これは釣りを知っている人が作った番組だと思いました。

また、さすが人気一番の山口智充さん、照英さんですね。
番組の前半で、タックルボックスを開きルアーを見るシーンでは、
NLW西根博司さんのトラウトベートで遊ぶシーンは
無邪気で楽しいものでした。
でっかいルアーには、でっかい魚が喰ってくるというくだりは、
誰もが想像する楽しい釣りのロマンだと思います。

楽しい番組をお作り頂いた東海TVの関係者の皆様には、
深く御礼を申し上げます。
東海TVぐっさん家
http://tokai-tv.com/gussan/jikai/


記念撮影をして頂きました。
お手伝い頂いた皆さんと一緒に
2011年を振り返って_a0153216_0401657.jpg






R&R ムック本 

“最新 ライギョ釣り”

に「LS-OHNO」が特集されました。

東海TVのぐっさん家では、
その後、“ぐっさん堀川の旅”でもう一度お手伝いをさせて頂きましたが、

そんな中、業界の情報雑誌R&Rさんより
久しぶりにライギョ雑誌を作るので取材させて欲しいとの連絡を受け、
6月7日編集部のW記者とラッティーツイスターの高井さんが、
やってこられました。

同じことに携わっているとは言え、20年だ、いや25年前だ、
など古いことになると記憶が定かではありません。
古い資料を引っ張り出したりで、
夜9時ころから始まった質問⇒応答式のインタビューは、
結局夜中の2時を回り、3時前に解散。

翌日の開店時にもう一度W記者の訪問を受け、
足りないところを補足。

こうして6月24日、期待のライギョ本

「最新 ライギョ本 BOOK」は店頭入荷し、
直ちにブログにて入荷案内をさせて頂きました。

表紙:  
2011年を振り返って_a0153216_129346.jpg
 
当店を取り上げた記事:
2011年を振り返って_a0153216_1295556.jpg
  
こんな風に取り上げて頂くと恥しい限りです。
もっと整理しておけばよかったな・・など反省ばかりです。

全国誌にカラー一面広告を出させて頂いたのも、初めてのことでした。
2011年を振り返って_a0153216_1305661.jpg
 


  前編終了、 後編に続く。
                         おおの
by ls-ohno | 2012-01-04 01:41 | 営業日・営業時間等
<< 2011年を振り返って (後編) 明けまして おめでとうございます。 >>