ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
フィッシングショーOSKAKA2016レポート
「フィッシングショーOSKAKA2016レポート」渡辺 香佐

2月5日(金)フィッシングショーOSAKAへ行ってきました。

フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_12453880.jpg

簡単ではありますが、そこで気になった商品を紹介したいと思います。

■DAIWA
「スティーズSV TW」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_12513333.jpg

ギヤ比は6.3:1と7.1:1で右ハンドルと左ハンドルの計4タイプがNEWモデルとして出てきます。
手に取ってみると160gと大変軽いのに剛性感があり、ハンドルを回すととても滑らかで大変質感の良いリールでした。
スプールはG1ジェラルミン素材の大変軽いもので使いやすそうでした。

「ブラックレーベルXP」
なんとライギョロッドが発売予定となりました。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_12593461.jpg

まだスペック、発売時期、価格は未定です。
展示サンプルの見た目もなかなかかっこ良く、そして軽い!
それでいてロッドを曲げてみると、なかなかしっかりした感じで安心感もありました。
まだプロトで変更もあるかもしれませんが、なかなかのオススメ品です。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_130214.jpg

77Hと81SHの2モデルの予定とのことです。

「軽量ハイカーコルクノブ」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_133238.jpg

軽くてしっかり握れる少し大きめのノブがサンプルとしてありました。
見た目もよく、付けるならシュラプネルかな・・・といったところです。
かなり軽い物でしたので、リールが扱いやすくなることは間違いない感じでした。
価格、発売時期などは未定でした。


■エイムス
「ブラックアロー」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1362423.jpg

とにかく軽い・・・が特徴のブラックアローシリーズの77Hがモデルチェンジになります。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13781.jpg

以前の物よりバットパワーをさらに強化!より安心してライギョを寄せることが出来ます。
追加モデルとして710HHが出てきます。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1373961.jpg

より遠投が出来パワーもしっかりあるので、遠くでかけたライギョも確実にキャッチできるとのことでした。

■スミス
「マグナムハスキー KOZ Ⅲ」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_138762.jpg

KOZシリーズがモデルチェンジになります。
4モデルあり、ショートレンジ用の69H、バーサタイル的な要素を強く持たせた77SH、ロングキャストに対応する80SH、複合カバー対応モデルの72XHです。
どのモデルもカーボンテープを4方向からクロスさせ耐強度を図ったカーボンクロス。
更なるネジレ剛性、復元力アップを求めバットからブランクの先端までをこの多軸カーボンを使い全身補強されていました。
実際ロッドを曲げてみるとかなりしっかりした感じで前モデルよりもパワーがある様に思えました。
価格、入荷時期は未定ですが、近々発売になると思います。

「グロッサ ORG」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1383294.jpg

見た目もすっきりしていて性能面もかなり良さそうな感じがしました。
実際にさわる事が出来なかったのですが、使いやすそうで発売が楽しみです。

■ノリーズ
「ロードランナー ヴォイス LTT」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1384973.jpg

追加モデルが発表されています。
690PHというモデルで、セカンドネームはパラボリック。ヘビーバーサタイルです。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_139589.jpg

とにかくバーサタイルなロッドでスローダウンのJigから巻き中心のビッククランクベイト、大型スピナーベイトまで。
ソフトベイトからハードベイトまで気持ちよく使いこなせる1本です。
ロッドバランスもよく、オススメな1本です。


■YGK、ヨツアミ
「バルゴス」という名のライギョ用PEが出ます。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1392946.jpg

少しハリがあり使いやすそうなPEでした。
今までなかなかなかった7号や9号といった号数もあり、使用幅が広がると思います。
カラーは
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1394252.jpg

左:シナモングリーン、右:アイボリー
の2色の予定。
強度もあり良い感じでした。

■バレーヒル
「GUN2」に追加モデルが出ます。
3ピースモデルで、以前に出ているモデルよりも1回りパワーアップしているモデルになります。
GGZ-74RH3というモデルで、モリモリのカバーエリアでは少し厳しいですが、使用幅はかなり広がると思います。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13273266.jpg

他にはロッドベルト、水汲みバケツ
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13293797.jpg

ロングノーズプライヤーなどが展示されていました。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13294957.jpg


■エバーグリーン
「コンバットスティック フェイズ」がNEWモデルとして発表されました。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13301625.jpg

釣るための性能を追及したモデルで、過剰なコスメを取り払うことで、高性能かつ圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。
ラインナップとしては、ウォーリアー66M、テンペスト67MH
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13323410.jpg

タイラント68H、エクスプローラー71MH
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1334132.jpg

スピニングモデルのガーディアン61UL、フォーチュンブルー 68L
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13413611.jpg

となっております。
見た目もシンプルでかっこ良く、持った感じ、曲げた感じもすごく良い印象でした。
価格も少し抑えられているということもあり、ご満足いただけるシリーズになるのではと思っております。

■シマノ
「NEWアンタレスDC」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_134226.jpg

とうとうモデルチェンジします。
ギア比は5.6:1と7.4:1で右、左ハンドルの4タイプになります。
遠投性能は以前のものよりさらに良くなっている様で、しっかりとした剛性感もあり、かなり注目されます。
発売は右ハンドルが4月で左ハンドルは6月の予定です。
オススメモデルです。
「NEWメタニウムMGL」
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_1342246.jpg

ベースはメタニウムで、とにかく良く飛び(平均で20%UP)バックラッシュもしにくく使いやすいモデルになっています。
70番サイズということで少し巻き量は減っていますが、16lbで80m巻けるので問題なく、しっかり使えると思います。
こちらもオススメです。

スピニングでは「バンキッシュ」がモデルチェンジします。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_13425384.jpg

見た目もかなりかっこ良く、巻き心地も最高でした。
ステラの軽量版といった印象を受けました。

ロッドでは「グロリアス」シリーズがモデルチェンジになりました。
前モデルと比べるととにかく軽く、感度UPといった感じでした。

そして「バンタム」シリーズが新しく発表になりました。
フィッシングショーOSKAKA2016レポート_a0153216_135532.jpg

大変幅広く使えそうなモデルで1本で色々なルアーを使いたいという人にはオススメです。
今年のシマノはバスに力が入っていました。

以上、簡単ではございますが紹介させていただきました。
6月ごろにかけて各社、新製品が出てきそうです。
気になる製品がございましたら御気軽にお問い合わせください。
もうすぐシーズンインです。
今年も楽しんでいきましょう。
by ls-ohno | 2016-03-03 13:57 | イベント
<< フィネス タンク コヨ―テ&コ... シマノ アルデバラン BFS-... >>