ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
[お客様釣行紀]サンパウロ 南出様御夫妻 パタゴニア キングサーモン釣行記。
サンパウロ南出様より御夫婦のアルゼンチン、パタゴニア地方、ジュラシックレイク釣行記をいただきましたのでご紹介させていただきます。


今回は、2月の中旬に行ってまいりましたパタゴニア/キングサーモン釣行の結果をご報告したいと思います。
場所は、カテリーナ川とアニータ湖。

a0153216_13242281.png
図:アニータ湖の位置

パタゴニアの玄関口エルカラファテから、ウプサラ氷河の観光船に乗ってアルヘンティーノ湖を横断した先にロッジと釣り場があります。

a0153216_13245897.jpg
お写真:氷河観光船で移動中

a0153216_13253969.jpg
お写真:ロッジ

この場所でキングサーモンが釣れる期間は2ヶ月間程とのこと。
この短い期間にモンスターキングサーモンを釣り上げることを夢見て、日本も含めて世界中から釣り人が訪れます。
今回は、日本からのツアーに合流させてもらいました。

前評判も非常に高く、透明度が高いカテリーナ川ではモンスターキングがひしめき”スプーンに襲いかかる姿が目視できる程”との話しでした。


が、またもや、自然が味方してくれず(笑)

我々の到着直前に気温がグッと上昇、かつ大雨が降ったそうで、山々から雪代が大量に湖に流れ込んでしまい、大増水&白濁。
そこから流れ出るカテリーナ川も同様の状況に陥り、大変厳しい状況からのスタートとなってしまいました。

更に、最終日に向けては、風のないドピーカンに移行。
一日として同じような条件の日がなく、日々刻々と変わりゆく環境について行くのが、経験不足もあり、大変難しい状況となってしまいました。

それでも、2人でキングサーモンを5本(内4本がメーターオーバー:最大は108センチ)をキャッチ。
a0153216_13281323.jpg
お写真:キングサーモン 雄 108㎝

a0153216_13290019.jpg
お写真:キングサーモン 雄 105㎝

a0153216_13292470.jpg
お写真:キングサーモン 雌 103㎝

a0153216_13300461.jpg
お写真:キングサーモン 雄 100㎝

他にレイクトラウト数匹(最大73cm)、小さいですがレインボートラウトを数匹釣り上げることができました。
a0153216_13303653.jpg
お写真:レイクトラウト 73㎝

a0153216_13310135.jpg
お写真:レインボートラウト

ただ、メーターオーバーはこの場所ではアベレージの範囲内。

同行のグループでは、このような厳しい条件の中ですが、130cm超が2匹上がり、私自身も恐らくは120cmはあったと思われるキングを岸際でバラしてしまったこともあり、釣果としては、大満足とは言えない結果に終わってしまいました。

一方、荒涼とした大地に、雄大で美しい山々と湖。
パタゴニア名物の遠慮なく吹き付ける風。
時折姿を見せるキツネやウサギ等の野生動物たち。
a0153216_13322209.jpg
お写真:ウサギ

夜は満天の星空。
また、この辺りは、太古の地層が露出しており、アンモナイト等の化石も見ることができました。

a0153216_13330075.jpg
お写真:アンモナイトの化石

トレッキングを楽しむだけのために、世界中の人々が憧れ、訪れる素晴らしい大自然の中での休暇と釣りは期待通りでした。

今回、幸か不幸か様々な条件下での釣りを経験しましたので、リスクも含めてどういう準備をすれば良いのか大体分かったような気がします。
来年になるのかその先になるのか分かりませんが、是非再チャレンジして、130cmオーバー、できれば夢の150cmクラスを目指したいと思っています。

それまで、この素晴らしい釣り場が維持されていることを祈りながら。。。
(ガイドが見せてくれた写真に写っていた、自らフライで釣ったという150cmは、本当にバケモノでした。取り込むのに走る魚を400m追いかけたそうです。)

次回は、4月末、おなじみのトゥパシグアラに、トゥクナレアズールとアマレーロのサイズアップを狙って3度目の釣行を計画中です。

a0153216_13332334.jpg

■■タックルデータ■■
<ロッド> シマノワールドシャウラ2833、2752
<リール> シマノツインパワー6000HG、ダイワキャタリナ4000H
<ライン> バリバスのPEライン4号に40lbか50lbのナイロンリーダー
<ルアー> キングサーモンのヒットルアーは、
フィールドハンターディベロップシェルスプーン22gの黒アワビ、
ブルー×シルバー、蛍光オレンジ×シルバー、
ならびに
BUXのデイトナスプーン25gの蛍光オレンジ×ゴールドでした。
ガイドの話しや他の方の釣果を見ると、グリーン系も強そうです。


2か月程度しか狙う期間が無いとのこと、大変天候が荒れる地域と聞いております。
少ないチャンスを見事に仕留められたイメージですが、再挑戦をお考えとのこと。

お写真からも雄大なパタゴニアの情景が伝わってまいります。

貴重な釣行記をいただきありがとうございます。

次回、トゥパシグアラの釣行記もいただけること楽しみにしております。
ありがとうございました。

a0153216_13344779.jpg

by ls-ohno | 2018-03-15 13:58 | 海外で釣る:遠征で釣る
<< [雷魚]フィネス フロッグ 各... [バス]O.S.P ドライブシ... >>