ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
[TBC]2018年 オープン戦(3月大会)結果レポート。
a0153216_11565200.png
TBCの皆さんより大会結果をいただきました。
大会結果を公表させていただきます。

また、今年より、参加者の方からもレポートをいただいております。
皆様のそれぞれの観点がご参考になれば幸いです。

2018年 TBCスキルアップミーティング & 岸釣り大会オープン戦
初春の大江川 & 周辺野池

3月25日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。
結果をレポートします。

2018年のTBCスキルアップミーティング大会はイベント性、ゲーム性を重点におき、
同じ日の同じ条件のフィールドで、過去大会での実績ルアーを課題ルアーとして選手全員でゲームに挑戦する事にしています。
本日の課題ルアーは低水温期に実績のあるOSP HPシャッドテール2.5"(ネオンワカサギ)です。
a0153216_12111632.jpeg

選手は朝イチのフィールドへと出発していきました。

大江川フィールドは桜が5分咲きで暖かい気候です。
天気も良く、風が少ないコンディション。

a0153216_12051159.jpg

初春のヨット池のパターン、魚の居場所を良く知る花井選手はPEライン+フロロラインの
超フィネスタックルでブレイク付近に居るバスを見事にキャッチ成功!
ローライトの時間帯のルアー投入の反応が良い。

a0153216_12061687.jpg
□花井選手 AM7:20

日中になり、シャローワンドに風が吹き込むタイミングで大矢選手がイモリッパーNSを
ワンド+ブレイク+ストラクチャー(クイ)のエリアに狙いをつけて見事にキロフィッシュを
2尾キャッチ成功しました!

a0153216_12071435.jpg
□大矢選手 AM8:25

a0153216_12071847.jpg
□大矢選手 AM10:05

競技時間の終了近くになると、水温が13℃まで上昇し、活性が上がってきました。
ヨット池、大江フィールドを中心に、本日の課題ルアーであるHPシャッドテールの使い手、エキスパートがいます。
池田選手は1日前のプラクティスで2尾のバスをキャッチしており、大会の後半時刻に
予告通り春バスをキャッチ成功!!
HPシャッドテール(ネオンワカサギ)のエキスパートは宣言通り釣果を出されました。
さすがです!!

a0153216_12082364.jpg
□池田選手 AM10:20

釣りあがったバスの体形を見ると、まだまだスポーニングの準備段階と思われます。
水の透明度から岸辺に立つアングラーを察知して、ブレイクの沖側にポジションをとりルアーを見ている様に思います。
人の気配が無くなり、静けさが戻るとバスはシャローへと上がろうとします。
暖かくなったシャローのアシ際に居る小ギル、ゴリ、エビがメインベイトの様で、
透明度が高く良く見える分、ワームのシルエット、カラーが小魚やエビに近いものが実績が高い。
風が吹いたタイミングがバスをだまして口を使わせる時だと思います。

例年ならば、初春といえばJHリグでしたが、プレッシャーの高い大江フィールドへ通うアングラーの技量の高さ、研究の熱心さには驚きがありました。
JHリグから特殊NSリグへと変わってきています。

出かけよう!春フィールドへ!

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00~11:00 天候 晴れ
開始時の水温:9.0℃、終了時の水温:13℃
参加人数 25名 ウエイン 3名 検量魚 4尾

協賛:ルアーショップ おおの
 
<名前>  ウエイト 時刻 <場所> <ルアー>
花井選手 1040g 7:20 ヨット池 ドライブクローラー3.5"NS(カワエビ)
大矢選手 1350g 8:25 ヨット池 イモリッパー60NS(グリパン)
大矢選手 1600g 10:05 ヨット池 イモリッパー60NS(グリパン)
池田選手 680g 10:20 ヨット池 HPシャッドテール2.5"(ネオンワカサギ)1.8gDS

<上位入賞者のタックル>

大矢選手
ロッド:レジットデザインWSC-67L+
リール:アルデバランBFS
ライン:フロロ8ポンド
ルアー:イモリッパー60(グリパン)

花井選手
ロッド:ポイズンアドレナ
リール:ヴァンキッシュ2500S
ライン:PE0.6号+フロロ4LB
ルアー:ドライブクローラー3.5"NS(カワエビ)

池田選手
ロッド:DECIDER DRS-64L-MGS
リール:CALDIA 2506
ライン:フロロ 5LB
ルアー:HPシャッドテール2.5"(ネオンワカサギ)1.8gDS
ウエイインされた3名の方に当日のメソッドをフィールドにて実践レクチャーいただきました。
全員がライトリグですが、リグと使用ルアー、カラーセレクトの理由やアクションの付け方、ポーズのとり方の一連をレクチャーいただきました。

a0153216_12114418.jpg
□大矢選手:レクチャー風景
a0153216_12120287.jpg
□花井選手:レクチャー風景
a0153216_12120820.jpg
□池田選手:レクチャー風景

そして3名の方の使用タックルと春の大江フィールドに持参している一軍ルアーのタックルボックスを公開いただきました。
うまい人の当日の一軍ルアーセレクトと説明を聞くことができ、良いスキルアップミーティングになりました。

a0153216_12140199.jpg
□ヒットルアー画像


参加の皆さん、おつかれ様でした。

a0153216_12142184.jpg
スタッフ一同
東海バスクラブ 平野 正

<ご参考>
大会イベント終了後に結果をおさらいするため、仲間でフィールドの状況を見て釣りを楽しんでします。
午後は更にリラックスして、スキルアップミーティングの2次会があります。
私も水温が上昇した午後フィールドで、入賞パターンを参考に2次会に参加したところ良型の春バスをキャッチできました。

a0153216_12144783.jpg
□平野さん午後の釣果


…参加選手レポート…

■菱田様(大江本流をメインにされておられました。)
大江川本流は、先週中に降った雨の濁りが徐々にとれ始め、水質が回復している状況でした。
水温も13度台まで上がり、バスは確実にシャローに来ていると思えます。
本日も大江・中江本流で、何匹か、釣れている情報がありました。
プレッシャーを避けたエリア選択を行えば、いい釣りが出来るはず。
これから非常に楽しみな 大江でした。本戦に向けて練習です。

■加藤(久)様
競技時間中は過去の実績から中層を意識したJHリグ、D Sリグのシェイクを中心に風が吹いたタイミングで、シャッドとチャターベイトを試してみましたがノーバイトでした。
----
表彰式でレクチャーしていただいたパターンを参考に午後から居残り練習しました。
途中メールで頂いた平野さんの釣果情報も助けになり初バスをキャッチすることができました。
水深1m弱のアシ際にいました。
ヒットルアーはスティックベイトのNSです。
2次会もスキルアップミーティングの楽しみ方のひとつだと思いました。
a0153216_12200880.jpg
----

■加藤(幸)様

大会前は今シーズンを占うオープン戦に向けて、プラを行うメンバーを多くみかけました。


いよいよスタート。

春の釣りをイメージして早い展開で挑みましたが、現実は甘くありませんでした。

風が吹いたタイミングで、唯一ピックアップ寸前のジグヘッドリグに反転していった背中が忘れられません。

いち早くスローな釣りにシフトした選手に軍配が上がり、気難しい春の魚を実感した勉強させられる大会でした。




by ls-ohno | 2018-03-29 12:32 | TBC東海バスクラブ
<< [雷魚]ハネダクラフト パワー... [バス]ケイテック スイングイ... >>