ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
[お客様釣行記]早川さん2018シーズンのサクラマス釣行記
早川さんから今シーズンのサクラマス釣行記をいただきましたので、掲載させていただきます。



6月に入り、いつも通っている「福井県 九頭竜川」でサクラマスを狙えるシーズンが終りました。

今シーズンを振り返る時、解禁を迎える2月の上旬に北陸地方を襲った大豪雪を抜きには語れません。
福井県の方々の生活を混乱に陥れると同時に、釣りに関しては長引く雪代による高水位と低水温という形でシーズンを通して大きな影響を残しました。

2月は仕事が忙しかったのと福井の状況を考慮して釣行を自粛。
その後、時間が経つにつれて地元の方々の前向きな声が少しづつ届くようになり、3月上旬から釣行をスタートしました。

雪の影響がどれくらい残っているのか心配しながら向かいましたが、福井県に入ると街中の至る所で雪が山のように積まれており、ピーク時の混乱は相当だっただろうと想像できました。
とりあえず馴染みの釣具屋さんに寄ってから、釣り場には土曜日の夕方に到着。
地元の方に少しでも迷惑を掛けないよう、何カ所か入りたいポイントの駐車スペースを雪掻きして翌朝を迎えました。

ノンビリと起きると、その週から始動した釣り人が多かったようで朝一に入ろうと思っていたポイントは断念。
2月は釣り人が少なかったはずなので、「スレていないサクラマスが河川全体に分散しているのでは?」と想定して上流のポイントに向かいました。

前日に雪掻きしたスペースに駐車して、ポイントへの坂を下ります。

a0153216_11245923.jpg

久しぶりの九頭竜川を懐かしく思いながら釣り下っていると、ブレイクにある大きめの石をかすめるように引いていたミノーがグーッと引き込まれました。
「魚だ…」と思いジワッとロッドにテンションを掛けましたが、少し走られた所で抜けてしまいました。
フックを見るとサクラマスの鱗が一枚。

a0153216_11253699.jpg
引きの感じからスレ掛かりでしたが、狙いは当たっていたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

その後も中・上流域を中心に通いながら、更に1バラシを追加して迎えた3月下旬の祝日。
前日まで雨が降っていたので悩みましたが、調べてみると思っていたより早いペースで減水しているようです。
天候が曇りなのと、水の濁りを考慮して、少しでも明るくなってからと思いユックリとスタートしました。

とりあえず下流から上流に向かって所々で橋を渡りながら釣り人の入り具合をを見ていると、好きなポイントがポッカリと空いてるのが分かりました。
そのまま駐車スペースに到着すると、ちょうど仲良くしていただいている地元の釣り人とバッタリ遭遇。

後で合流すると伝えてから準備をして川に向かうと、水は予想した通りの濁りが入っています。
陽が差す気配も無いので、ルアーは目立つように少し大きめな物をと、自分でテストもしていた110LMDのピンクバックを選択しました。

a0153216_11290733.jpg

深くウェーディングする人が多いポイントですが、このような場合は意外にシャローが狙い目だと思います。
先行している友人もあまりウェーディングせずに手前から丁寧に探ってくれているので、自分もそれに続く事に…。

普段より全体的に流れの押しが強くて適水勢の範囲が広いので、どこでヒットしてもおかしくない状況です。

しばらくすると、先行していた友人が少し早いタイミングで上がって再び上流から二流し目に入りました。
状況が良さそうだったので、自分は友人が上がったポイントの少し下流までミノーを流す事に。
すると、地形が変化しているポイントを通るときに何かがヒット!

引きの感じはサクラマスでしたが、水の濁りで魚種が分かりません。
しばらく丁寧にやり取りをしていると、水面直下に銀色の魚体が見えました。

本命だ!

ナイロンラインを使った安心のシステムでサクラマスとのやり取りを楽しみつつ、ランディングの為に少し深くウェーディング。
すると、ヒットの気配に気が付いた友人が上流からこちらに向かってくるのが見えました。
久しぶりのランディングはサイズ感を誤って一度やり直しましたが、二度目で無事に成功。
無事にキャッチできたのは、体高がある太いサクラマスでした。

a0153216_11340572.jpg
a0153216_11341022.jpg
a0153216_11341380.jpg

 サイズ : 64cm 3.4kg

[タックルデータ]
 ルアー : Lepton・Photon 110LMD
 カラー : ピンクバック
 ロッド : ufmUEDA・Stinger Laxa86〔Bait Custom〕)
      (ufmウエダ・スティンガー ラックス86〔ベイトカスタム〕)
 リール : Daiwa・SSS凛牙103L
 ライン : OHNO・ORIJINAL NYLON・2.5号(モスグリーン)
 ショックリーダー : VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER 20lb(フロロ)

初回釣行から反応は得ていたので「いつかは…」と思っていましたが、やっとの釣果に一安心。
その日は、他の友人も誘って昼から焼肉に行きました。


1尾目キャッチ以降は、新しいルアーを試したり、今まであまり入っていなかったポイントに通ったり…。

a0153216_11350437.jpg

キャッチには至りませんでしたが、色々と試す過程でサクラマスからの反応をそれなりに得る事ができました。


最後に今シーズンを振り返ると、2月の豪雪で釣行を自粛した釣り人の影響か「釣果は少なかった」ようです。
その反面、高水位の期間が長かった影響か、例年に比べて釣れる「サイズは良かった」ようです。

個人的にはキャッチできたサクラマスのサイズが良かったので、非常に満足できるシーズンになりました。
今シーズンの試行錯誤をどのように生かせるか、来シーズンを楽しみに待ちたいと思います。


早川さんありがとうございました。
次のシーズンに繋がる釣りもされたようで良いシーズンでしたね。


今年の冬の豪雪は北陸だけにとどまらず、多くの地域に爪痕を残しました。
被害にあわれた方々に、改めてお見舞い申し上げます。


by ls-ohno | 2018-06-29 11:47 | トラウト系
<< [お客様釣行記]サンパウロ 南... [雷魚]ロデオクラフト フォー... >>