ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
2010年 05月 12日 ( 1 )
岩越さん 5連休の釣り その3


 さあ どう展開するのでしょうか? 3日目です!


 

 迷走からの脱出?

 5月3日(月)

 この日は、同じマリーナの友人に頼まれて、
長野からの客人を交えての3名で出船。

昨日の夕方、
魚の入れ替わりを感じたので、
朝一から南エリアのカナダ藻フラットへ直行。

到着すると、
水面でハスのボイルがそこら中であり、
底の方にはアユと思われる小魚の群れが
魚探に映し出された。

水温も更に上昇し、もう明らかに違う! と判断。

アフターからの回復バスを狙い、
この状況に強いギドスリンガーを7gのTXをチョイス。

程なくして、
40後半サイズをキャッチし、
ここから20分毎程度に当たりが頻発する。

2、3本釣ったところで、
バックシートもTXにチェンジし、3名で探る。

当たりは相変わらずあるのだが、
何故か自分にしか来ない・・・・。

後ろ二人ともに言えるのだが、
動かし方が荒すぎる?ので、

もっとゆっくり丁寧に
ラインスラックを作りながら探るように言って、

ようやくポツポツ当たりだして
数本の40アップを釣ってもらった。

結局、
ここで10時くらいまで時間を使い、
私に54をMaxに40後半を5本、
岩越さん 5連休の釣り その3_a0153216_22224134.jpg

岩越さん 5連休の釣り その3_a0153216_22232283.jpg


堀田氏は2本と、ゲストはバラシもあり
何と1本に終わってしまった。

魚は入れ替わっているが、

スロー気味なのは相変わらずなのと、
日が高くなりベイトが沈んでしまうと、

バスも口を使わなくなってしまうのは
GWに入ってからも同じ展開のようです。

と言う事で、

後半はライトリグとTX中心に
ウィードの濃い目のラインをじっくり狙う展開。

ウィードの濃いラインとは言うものの、
メインチャンネルにハンプも絡めているので

TXを織り交ぜていくと、
明らかに回復している40後半がポツポツ食ってくる。

このまま、
この日の終了を迎えたのだが、
もう明らかに季節の階段を一歩登ったと確信した。

マリーナに帰着して、
他の仲間の釣果を聞いてみると、

これが意外に全員撃沈(笑)

前日までにいい思いをした場所があった人程、

厳しくなってしまったようである。

自分は、ゲストを撃沈直前まで追い込んでしまい、
反省を促される結果に・・・。

もっとイージーに食わせる場所と方法を思いつかないと、
この先沈む一方である。

この日の夜は、
仲間が集結した事でマリーナでBBQを楽しんで
終了となった。


この日のブラッシュさんのお天気情報は:
2010/05/03(月)
 [05:00]晴れ/微風
 気温 10度/中潮
 水温 瀬田川 15.5
 雄琴沖 13.4
 安曇川沖 12.6
 雄琴沖水位 +16cm
 放水 100t/s

 ギドスリンガー・・・懐かしいワームです。
90年代の一時期を引っ張ったワームの1つですね。

昔、関西のショップ15店ほどが集まり、ASSという組織を結成。
各ショップで参加者を募り、
一船2名のペアーで100艇余りの参加を得て大会をやっていました。
おおのも、この結成に参加させて頂き、多くを学びました。
また関西のショップさんとも交流させて頂きました。

この大会で、おおのから参加したTさんが、
このギドスリンガー9in.で60を釣り、
ゲストの村田基さんを驚かせたのは、
いい思い出です。
                              おおの
by ls-ohno | 2010-05-12 23:06 | バス釣果情報