ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
サイドステップ スローフローティング 5色入荷


エバーグリーンさんから

サイドステップ スローフローティング  

が、5色入荷しました。

サイドステップSF (スローフローティング)
Size: 11.7cm・18.0g / ¥1,995(本体価格¥1,900)
Hook Size: Front #4・Center #4・Rear #4 /
Ring Size: Line #3・ Front #2・Center #2・Rear #3


メーカーさんのHPは(こちら)

低水温、タフタイム対応。
スローフローティングモデル誕生。


魚を狂わせ、一気に捕食モードにスィッチを入れるジャークベイト
「サイドステップ」に新たにスローフローティングモデルが誕生。
オリジナルモデルの切れ味鋭い左右へのステッピングはそのままに、
ハイフロートでは追いつけなかった低活性のビッグバスを
バイトへと導きます。オールシーズン有効ですが、
特に晩秋から春にかけて、超スローに浮いてゆく
スローフローティングモデルは強力に機能します。
固定重心ながら、絶妙のボディシェィプとバランスデザインにより
オリジナルモデル以上のかっとび性能を発揮。
広範囲を有効にサーチできます。
タフユース対応のストロング設計だからガンガン攻められる。
華麗に舞い、幻惑して仕留める。
本当のジャークベイトの世界が拡がります。



◎推奨タックル
ROD:ミディアムライト~ミディアムヘビー6′0″~7′0″ベイトロッド
LINE:フロロカーボン12~16lb.




入荷したのは

左から:サイト フラッシュ:スーパーワカサギ:アユ

ブルーバックへリング:クラウン

サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_2318342.jpg


サイト フラッシュ:
サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_2334377.jpg

スーパーワカサギ:
サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_23352065.jpg

アユ:
サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_2336618.jpg

ブルーバックへリング:
サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_23365589.jpg

クラウン:
サイドステップ スローフローティング 5色入荷_a0153216_23373344.jpg

個別の画像は、エバーグリーンさんのHPより転載させて頂きました。
      
      おおの販売価額:@¥1,696-

                              おおの
by ls-ohno | 2010-11-04 23:42 | バスルアー:用品入荷情報
ゾロストレート 12"


ジークラックさんから

 ゾロストレート 12"  new

入荷しました。

ロングワーム!!  今年 南湖で大流行でした。

入荷した色は

左側 上から:
グリーンパンプキンGRF:スカッパノン:ウィードギル

右側 上から:
グリーンパンプキンBLF:グリーンパンプキンシード:ウォーターメロンシード

ゾロストレート 12\"_a0153216_22513132.jpg


グリーンパンプキンGRF:
ゾロストレート 12\"_a0153216_22531942.jpg

スカッパノン:
ゾロストレート 12\"_a0153216_2254143.jpg

ウィードギル:
ゾロストレート 12\"_a0153216_22582350.jpg

グリーンパンプキンBLF:
ゾロストレート 12\"_a0153216_22562487.jpg

グリーンパンプキンシード:
ゾロストレート 12\"_a0153216_22591688.jpg

ウォーターメロンシード:
ゾロストレート 12\"_a0153216_22595173.jpg


      おおの販売価額:@¥607-(4本入り/パック)

                              おおの
by ls-ohno | 2010-11-04 23:06 | バスルアー:用品入荷情報
早川さん 北海道でイトウと出会う!!


今年、九頭竜川のサクラマス釣行記を

お寄せ頂いた早川さんが、10月北海道を訪れました。

5年前の8月、カラフトマスに会いに行って以来です。

出かける途中で、ls-おおのオリジナルナイロンラインを

お求めの為立寄られました。

「初めてのフィールドなので、じっくりと観察し、

イトウに出会いたい。

出会うために出かけるのだから、出会うことが大事だけど、

できれば80を超える奴と出会えると嬉しい。」

楽しそうに出かけられるのを見送りました。


先月下旬になる頃、早川さんからレポートを頂きました。

2~3回に分けて、お伝えしたいと思います。

(その1)


イトウの棲む北海道を訪ねて
     

 イトウ そして出会った人々、みんなへ 

          ~幸せな時間    有難う~

                          
                                  早川 俊一





「今回、5年ぶりに北海道に行きました。

以前は夏休みに行っていたのですが、

今回は初めて秋に

土日祝日も含めて10日間と長めの休みが取れたので、

今回初挑戦になるイトウを狙ってきました。


行き方としては、
今回はALL車中泊で考えていた為、
以前よく使っていたフェリーに車を積んで行く方法に
しました。
早川さん 北海道でイトウと出会う!!_a0153216_12462649.jpg


片道で20時間ほど掛かるのですが、航海中に寝ることができる為、

北海道に到着後にそのまま長距離移動が出来るメリットがあります。

今回は7日の夜中に敦賀港を出港、8日の21時に苫小牧港に到着。

その後は苫小牧と名寄の24H営業のガソリンスタンド

(北海道では珍しい)で給油などして、

9日の夜中に目指していた川の河口付近に到着しました。

今回、初めてイトウを狙うにあたって、分かっていたのは

川の名前と、河川内にある沼の周辺がポイントになる事だけでした。

今回は遠征で時間の余裕があるので、

あえて明るくなるまで仮眠をとった後、

河口付近から上流に向けてポイントを見て回りました。

想像より狭い河口にビックリ。10m程度しかありません。
早川さん 北海道でイトウと出会う!!_a0153216_12505064.jpg

 
また、

川に大量の草が流れており、ルアーを投げる度に

ミノーのリップやショックリーダーの結び目に引っ掛かります。

当然ですが、

水草が引っ掛かってしまったルアーに魚はほとんど反応しません。
 
早川さん 北海道でイトウと出会う!!_a0153216_12524373.jpg


シングルフックも試しましたが、

この水草に対しては全く効果がありませんでした。


これは後日気が付いたのですが、

川と繋がっている沼の水草が枯れて
流れているようでした。

現地で会った人に聞くと、
例年だと10月にこのような事は無いそうなので、
今年の異常気象のせいかもしれません。
(その後、水草は日が経つに連れて少しずつ減っていきました。)

到着した日は大潮だったのですが、

状況が良いのか、

時々大きな魚がボイルするのが見えます。

足元を通過する魚がベイトのようですが、

かなり小さくて5cmも無さそうです。

しばらくは大きなミノーを投げていたのですが、

なかなか反応がありません。


ベイトに合わせたミノーがあれば良かったのですが、

そこまで小さなミノーは

掛けても呑まれる心配があったので、持って来ませんでした。

そこで、少しでも小さく飛距離が稼げるルアーとして

18gのスプーンを投げていました。


すると、

釣りを開始してから1時間ほど経過した後、

川の中ほどまで遠投したあと、

やや早めのリトリーブをしていると何かがヒットしました。

それほど大きな魚では無さそうだったのですが、

とにかく大事に寄せると、

魚のシルエットからヒットしたのが、

イトウだと分かりました。

取り込みがシャローに入ってからだったので

少し手間取ったのですが、

何とかランディング出来たイトウは52センチでした。

早川さん 北海道でイトウと出会う!!_a0153216_1256242.jpg


サイズは小さかったのですが、

永年夢に見ていた魚です

写真撮影する手が久しぶりに震えているのが分かりました。

なんとか1匹釣り上げましたが、

その後は魚っ気が無くなり

反応がなくなったので、

他のポイントを見て周って初日を

終了しました。



さて、日にちはタップリと有ります。

どのような展開になるのでしょうか?

続きをお楽しみ下さい。(おおの)

                               おおの
                
by ls-ohno | 2010-11-03 13:06 | トラウト系
10月17日 南湖 稲吉さん59cm ワンナップシャット6



 10月29日、稲吉さんご来店の折、
10月17日南湖釣行の様子を伺いました。


ブラッシュさん(ここ)のお天気データによれば、
 2010/10/17()
[06:00]晴れ/微風
気温 13度/長潮
水温 瀬田川 21.9
雄琴沖 22.0
安曇川沖 21.6
雄琴沖水位 -40cm
放水 15t/s


この日、朝方は曇。8am頃より晴れてきた。

風無し。

ウィードマットを見つけたところ、近くにギルも浮いている。

そこで、ワンナップシャッド6in./オイカワをノーシンカーでキャスト。

ウィードの上を引いてみた所、突然バイトが有りターゲットは、

ウィードの中に入り込んでしまった。

バスは、動くに動けない状態。

ヒュージ81でも抜くことが出来ず、
強引に巻いてもドラグが滑るだけという状態になってしまった。

残された手段はラインを引っ張ることしかないと思い
やむなくPE#5を手で引っ張り、ウィードの中から
バスを引きずり出した。

59cm/3900gあった。

10月17日 南湖 稲吉さん59cm ワンナップシャット6_a0153216_1745687.jpg


10月17日 南湖 稲吉さん59cm ワンナップシャット6_a0153216_1745441.jpg

この日、ワンナップシャットでは、このバスのほかは、
40up6本を含み30cm~46cmを12本。
スコーン、ワッキー、ネコ、ポップマックス、ニシネなどで8本余り。

なお、このウィードマットは、

翌週24日釣行時にはスカスカになり

かつ、小さくなっていた。




稲吉さんは、ニシネルアーワークスさん
のフィールド テスターーもされています。

活躍ぶりは、こちら(ここ)でもご覧下さい。

データ:
釣行日時:2010.10.17.10:30am 
サイズ:59cm 3900g
フィールド:南湖
ロッド:deps/ヒュージカスタム81
リール:シマノ/アンタレスDC/ノーマルギアー
ルアー:サワムラ/ワンナップシャッド6in./オイカワ
ライン:LS-おおの/ブレイデットエイトPE-5号白



稲吉さん 釣果情報を頂き有難うございます。
10月に入って、バスが散ったこともあってか
厳しい釣果を強いられている方が多いように
思います。
稲吉さんは、サンデーアングラーなのですが、
なかなかどおして、いつも素晴らしい釣果です。
長年の経験から導き出されるエリア選択、
ルアー選択そしてその使い方がツボを
得ているのではないのでしょうか。
 
                              おおの
by ls-ohno | 2010-11-01 18:15 | バス釣果情報