ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
<   2011年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧
早川 さんの サクラマス連休?


有給休暇を挟んで、長い連休になった早川さん。

しっかり九頭竜川を楽しまれたようです。

連休のサクラマス釣行を2回に分けてレポートして頂きました。



有休を入れると例年より長いGW。
行き先に悩みましたが、結局サクラマスを狙いに
福井県の九頭龍川に向かいました。

4月30日。
前日に改造が完了したロッドを受け取り、
九頭龍川に到着しました。

駐車ポイントに到着して、いつもの土手を登り川を見渡すと
前日の好釣果とGWが重なり、朝から人が多い事が分かりました。
直ぐには目的のポイントに入れなさそうです。

入れるポイントを探して土手を歩いていると、短い区間で
ルアーとフライでサクラが釣れたのが分かりました。
前日からの好調が続いているらしいのが分かったので、
急いでポイントを探して水辺に立ちます。

増水と代掻きの影響で、水色がかなり濁っているので
目立つチャートカラーのルアーをキャストしますが
反応はありません。

それほど粘れる場所ではないので土手を歩いて移動して、
結局初めに入ろうと思ったポイント戻る事にしました。

他にも釣り人がいるので、
順番を待ってウェーディングを開始します。
少し釣り下ると、かなり手前でバイト。

とっさにアワセを入れましたが、サクラマスにしては珍しく
掛かった瞬間からジャンプを繰り返します。

1、2、3…6回までは数えていたけど、そんな事をしている
場合では無さそうです。
いつまで経っても止まらない…。

ジャンプに気が付いた釣り人から「大きそうですね」と
声を掛けられたので、「多分…。ちょっと前をスイマセン」と
応えながら前を通らせてもらいます。

そのままサクラを追いかけて下流に歩いていくと、
サクラが流れの弛みに入りました。

既に50m近く下っているし、下流の瀬に入られたら厄介です。
一気にランディングしようとサクラを見ると、
途中でフックが外れたのか、スレ掛かり状態になっている事に
気が付きました。
これはマズい…。
と思って怯んだ瞬間、サクラは流れに乗って下流への瀬へ
下っていきます。

途中のテトラをかわし、自分も瀬に入って追いかけます。
増水した流れで危ないけれど、早く追いかけないと下流の
テトラ帯に入られてラインを切られそうです。

結局、瀬では追いつかずにテトラ際の緩流帯まで引っ張られて
しまいました。

掛けた場所から100m以上追いかけたけれど、
サクラはまだ自分より数10m下流を泳いでいます。

自分はこれ以上は下れませんが、サクラはテトラに
突っ込もうとしているのでこれ以上ラインを出される
わけにはいきません。

スプールを指でロックし、ロッドを限界まで曲げて寄せに
入ります。

昨日まで乾いていなかったガイドのスレッドのコーティング。
ガイドがズレたらどうしよう?
なんて思いながらとにかく強引に寄せに入ります。

ヒットから10分以上は経っているでしょう。サクラを何とか浮
かせてランディングする事が出来ました。

a0153216_23263178.jpg



釣行・ヒット日時:2011.4.30 8:30.AM
 場所:福井県 九頭龍川
 サイズ : 58cm
 ヒットルアー : SAURUS・REX MID DEEP11cm
        (マットチャート)
 ロッド : ufmUEDA・CPS-792FX-Ti(ベイトカスタム)
 リール : DAIWA・SSS凛牙103L
 ライン : OHNO・ORIJINAL NYLON・2.5号
         (モスグリーン)
 ショックリーダー : フロロ20lb

 水位96-85-80-85cm


早川 さん レポートを頂き有り難うございました。

今年、これで3本目ですね。
走られてヒヤヒヤ状態だったようですが、
信頼の「おおのオリジナルナイロンライン」が
今回も頑張ってくれたようで、店のオヤジ
としては、嬉しい限りです。
ナイロンラインは、フロロの様に沈んだり
PEの様に浮き上がったりしない特性が
ミノーの釣りに最適だと思います。

                              おおの
by ls-ohno | 2011-05-18 23:52 | トラウト系
ケンクマさんのゴールデンウィーク!


バスフィッシングと名古屋グランパスを愛してやまないケンクマさんから

ゴールデンウィーク前・中・後で5日間の釣行の様子をレポートして頂くき

ました。ご自分のブログをお持ちなので、この釣果情報に登場することは

少ないのですが、今回は、当店が長谷川耕司ガイドプロの協力を得て

作成、販売しているネコリグワーミング専用ロッド“ARRIVER63Dance”で

自己レコード更新と言うことで、ご登場をお願いしました。

長編ですので、2回に分けて掲載させて頂きます。


4月23日の釣り

ブラッシュさんのお天気情報は、ケンクマさんの記事のなかに
有りますので、今回は省略します。

4/23(土)
天気 曇後雨
風 無風
表水温 13.5~14.7℃
水質 所々白濁り
釣行時間 6時半過ぎ~13時

翌日に名古屋グランパスを追っかけ、
車で埼玉まで行く事になっていましたので、
体力温存のため、午前中勝負。
色々なエリアを自作のスイミングジグを巻いていきます。
そしてノーバイトのままタイムリミットが近づきます。
睡眠不足が祟って、巻きながら目をつぶってしまいます(笑)
するとクンと当たって来ましたので、
目を開けて(笑)スラックを取って大きくロッドを煽ります。
ボート際で食ってきた魚は49でした。
a0153216_11541391.jpg


4月半ばに購入したロッドでやっと良い魚を掛けることが出来ました。


GWの釣りは
琵琶湖で特に南湖に集中して釣りする事にしました。
激混みで難しいとは思いますが、
ホームである湖東が田んぼの濁り水で状況が悪いので
あちらこちらを釣りするより、南湖を選びました。


4月30日の釣り

4/30(土)
天気 曇
風 無風~北西
表水温 12~15℃
水質 クリアなところとマッディーなところ有り
釣行時間 6時半~16時半

少し気になっていた
2.5~3mのフラットウイードエリアに入るとベイトが映っています。
ここで同船者のSさんが42cmをチャターベイトでキャッチ。
a0153216_1158457.jpg


更にバイブレーションで
50クラスを掛けますが残念な事にバラシ。

僕はと言うとライトリグで稚魚と呼ぶに等しいサイズを1匹だけ(泣)
いいエリアを発見したのに残念な釣果となりました。


5月1日の釣り

5/1(日)
天気 曇時々雨
風 無風~北西~無風
表水温 12~15℃
水質 クリアなところとステインなところ有り
釣行時間 6~17時

前日好反応だったフラットウイードエリアをやりこんで見ることに。

ダウンショットが得意なN君に49、50cmが来て
a0153216_1201763.jpg


僕にも43cmが来ましたが、当たりがあったのは 午前中までで
昼に雨が降り出し、すぐ止みましたが冷たい北西風が吹いて
食いが一気に悪くなってしまいました。



ケンクマさん 有り難うございました。

釣りの間にサッカーの応援!!

とにかくケンクマさんは忙しい。

続編は、明日掲載いたします。
 
                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-18 12:28 | バス釣果情報
TBC 平野さんの 海部郡のライギョ釣り(2)


平野さんのGウイーク 海部郡ライギョ釣行その2(23.5.7.)

平野さん、今回は4日おいての釣行です。


ゴールデンウイークも晴天が続き、

後半は海部郡クリークの状況も更に良くなり、

ライギョが浮く姿が見られる様になりました。

5月7日の午後に15アタックほどあり、

6尾キャッチできました。
(数釣る遊びではないですが)
a0153216_14302760.jpg


a0153216_1431421.jpg


a0153216_14312255.jpg

日差し、水温上昇により、

水色水質までが良くなってきています。

水中の濃い緑色は植物性のプランクトンなのか、
日をおうごとに緑色が薄くなり
a0153216_14291030.jpg

ライギョにとっても
獲物に対する視界が良くなってきているはずです。

フロッグの追いも違ってきました。

浮きゴミの下にポカンと浮くライギョ、
a0153216_14254235.jpg

岸際に生える草の影に1尾ずつ距離をおいて付いています。
a0153216_14273924.jpg

夕方になり日差しが弱くなると全く反応しなくなりました。

夕方は明るいものの5:00~6:00はバイトゼロでした。

浮くライギョ、呼吸も見かけず。

ねらい目は午前9時から午後5時までに集中した方が良いです。

夕方は、かなりねばって丁寧に流したが反応なし。

夕方は、ねばる価値なさそう。

a0153216_14314766.jpg


a0153216_1432910.jpg


5月7日 pm1:00~5:30
60~65クラスを6尾キャッチ
ロッド:MR DON VD7201EH SNAKEHEAD SPECIAL
リール:5500C
ライン:PE6号
ルアー:スナプル(黄緑+黒ラメ)

今年は遅いと思っていましたが、

Gウイーク終盤にきて、ほっとしました。

新しい水が入って増水し、晴天による温度上昇が

ライギョの活性アップにつながりますね。

ご参考まで
平野



平野さん 有り難うございました。

こうして沢山の雷魚の姿を見ると

ホッとしながらも 嬉しくなります。

平野さんのレポートを読んで、
話しは大げさですが、太陽、地球といった大きな
仕組みの中で、人も、植物も、魚も・・・
この中で生かされているのを思い知ります。
付き合い方が大切ですね。
地震もね・・・・。

                              おおの
by ls-ohno | 2011-05-17 14:46 | 雷魚 フィッシング レポート
68の加藤さん 5月連休の釣り 後編


加藤さん 
ゴールデンウィークの釣り後編
5月3日の釣りです。

この日のお天気は
ブラッシュさんの琵琶湖お天気情報
2011/05/03(火)
[05:30]/曇り/微風
気温 :9度/大潮
水温 :瀬田川 15.6
雄琴沖 :12.9
安曇川沖: 10.6
5点平均水位: +20cm
放水: 30t/s


5月3日 この日も真夜中の午前1時頃、釣り場に到着。

直ぐにポイントに入り、SF金黒をリグりキャスト開始。

このポイントは、ニゴイが釣れることが多いので、

ニゴイでも来いと底を中心に試していたら、間もなく当たりが出た。

すかさず合わせたところ、相手の動きは・・・期待の?ニゴイだ。

揚げて計ると60はある!

さあ こんどはバスを釣るぞ!と気合を入れるが、

何事も起きない。

少し寝む気が出てきたので、仮眠をとることにした。

一寝入りして目を覚ますと4時半だ。

薄明かりの中、車から出て見ると、

岸ではあちこちでキャンプをしているのが見える。

これでは、釣りの出来るポイントは限られてしまう。

空いているところでやるしかないなぁと思いながら

岸辺に目をやると、自分のいつもやるポイントが空いていた。

5時am頃、そのポイントに入り、釣りを始めた。

まずSF(スキーターフィッシュ4in)からスタート。

小一時間程やっていたが、当たりが出ない。

そこで、前回釣ったバークレイのパワーゴビー4in/マッチャウイローが、

袋に残っていたので替えてみた。

一発目だ! 当たりと同時にロッドを合わせようとしたところ

すごい引きで、ロッドはのされた状態になってしまった。

すかさずドラグを緩めて走らせてみた。

ドラグを鳴らせながら、走りが緩くなるとロッドを起してきいてみる。

又走るのでドラグが鳴く・・・を繰り返した。

このシステムでは、前にも触れたが、大ナマズの100UPや

自己レコードの68cmのバスを釣っているので、

不安なくやり取りをした。

揚げたバスは、十分満足できる大きさでだった。


a0153216_13104019.jpg

 
タックルデータ:
釣行ヒット日時:2011.5.3. 6.00am頃    
アングラー:加藤 大和katou hirokazu
ロケーション:湖北/Land Fishing      
サイズ:全長64.0cm(渡辺写真計測) 
ロッド:LS-OHNO Arriver72Titan  
リール:DAIWA EXIST2508HyperCustom
ライン:LS-OHNO Nyron#2     
ルアー:バークレイ パワーゴビー4in/マッチャウイロー
リグ:JH-1/32o



加藤さん お話、画像を有り難うございました。

今年、これで60UP2本。
この64、何キロ位あるのでしょうか?

まぐれではないことを実証されました。

5月1日のバスもすばらしいバスです。
すごい! おめでとうございます。

なお、文章はおおのがお聞きしてまとめました。
聞き違い、誤解があれば、ご指摘ください。

                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-17 13:18 | バス釣果情報
68の加藤さん 5月連休の釣り 前編


加藤さん ゴールデンウィークの釣り 前編

1月に Arriver72で衝撃の68を釣り上げた加藤大和さんが
5月1日と3日に湖北へ釣行しました。
5月3日夜 ご来店されたときにお話しをお聞きし
画像を頂きました。

前編 5月1日の釣り です。

5月1日、夜中、午前1時頃釣り場に到着。
直ぐに釣り始めたが、全く当たりがない。

場所を移動し、
ルアーもいくつか結び変えてキャストを繰り返す。

結局、夜も明けて、
10時前になってやっと当たりが出た。

ロッドを起こし締め上げたようとした所で、ラインが切れた。

どうやら飲まれていたようだ。
ラインを張りすぎるとルアーが浮きやすく
緩めると当たりが取れない。

気を取り直してキャストを続けたところ

すぐにバイトが出た。

すかさず合わせた。
乗った手ごたえを感じたが、急に軽くなった。

エリアとしては間違っていないと思い、
ポイントをずらして続行していると
3度目のあたりが出た。

今度こその思いで、やり取りをしたが、

ことのほか良く引いたバスだったので慎重に・・・

緊張させられたバスだった。

体高のあるずっしりとしたバスは、計ると3kg。

全長は50cm位あった。

a0153216_2311164.jpg


その後は何事も無くなったので昼ころ切り上げた。


ブラッシュさんのお天気情報
2011/05/01(日)
[05:30]/雨/微風
気温: 14度/中潮
水温: 瀬田川 14.9
雄琴沖: 12.0
安曇川沖: 10.6
5点平均水位: +20cm
放水: 100t/s

タックルデータ
釣行ヒット日時:2011.5.1. 10.30am頃    
アングラー:加藤 大和katou hirokazu
ロケーション:湖北/Land Fishing      
サイズ:全長50.0cm(渡辺写真計測) 重量:3kg 
ロッド:LS-OHNO Arriver72Titan  
リール:DAIWA EXIST2508HyperCustom
ライン:LS-OHNO Nyron#2     
ルアー:バークレイ パワーゴビー4in/マッチャウイロー
リグ:JH-1/32oz


加藤さん 有り難うございました。
昨シーズンは3月に近藤さんが、同じような
ラグビー体型のバスを釣られました。
その体高の高さにびっくりさせられました。
今年はゴールデンウィークですから
どうやら遅れているのかもしれません。
次は5月3日の釣りです。
明日、アップします。
お楽しみに!!
                              おおの
by ls-ohno | 2011-05-16 23:17 | バス釣果情報
TBC 平野さんの 海部郡のライギョ釣り(1)


昨シーズンも地元、海部郡のライギョ釣り釣行レポートを

頂いた、TBCの平野さんからレポートを頂きました。



平野さんのGウイーク 海部郡ライギョ釣行その1(23.5.3.)


フィールドの状況

ゴールデンウイーク中の海部郡ライギョアングラーは少なく感じます。
フィールドの状況もありますが、
東日本の震災、高速道路事情の影響でしょうか。

鍋田干拓方面、筏川の最下流部のウイードが伸び始めました。
あと1~2週間もすれば良いウイードベットができてくると思います。
a0153216_2110502.jpg

a0153216_2112582.jpg

アングラーは少なめですが、晴天の中で気持ち良くロッドを振り、
フロッグを投げ続けて楽しむアングラーの姿を各所で見られました。

田植えも終わり、まもなくカエルの鳴く季節になりますね。
(雨が少ないせいか、田植え後の濁りがクリークへ流れ込むことはなく、
水色はさほど悪くありません。)


海部郡ライギョ釣行

5月3日の夕方に海部郡クリークへ行ってきました。

晴天で日差しも暑く感じられる気候になってきました。

毎年、山梨県のKさんをライギョガイドするのが恒例ですが、

今年は単独釣行し、フロッグゲームをゆっくりと楽しみました。

日中はアングラーが多いと思い、

静かになった夕方に向かうと貸切状態でした。

ライギョの反応も良く、運良く3尾をキャッチしました。
a0153216_21182416.jpg

a0153216_21234628.jpg

a0153216_21283920.jpg

水量も増え、エサを捕れている様で魚のコンディションも良好です。

どれも太くて模様のはっきりした元気な魚です。
a0153216_2119669.jpg

PM4:00~5:30
使用タックル
ロッド:MR DON VD7201EH SNAKE HEAD SPECIAL
リール:ABU 5500C
ライン:PE6号
ルアー:スナプル (黄緑+黒ラメ)

最大魚75cmを1尾、65cmクラスを2尾キャッチ

<状況>
日中にポカンと浮くライギョは見かけず、

呼吸に出てきてはもぐって行く個体を良く目にします。

あと2週間ほどすると、
ちょうど水面までウイードが伸びてきそうです。

現時点では水中に生え始めたウイードが点在しています。

水草が成長するにつれ、水質浄化も期待できます。

全体に水がやや濃い緑色に見えますが
浮きゴミや岸際の草や少量のブッシュなどの影に
ライギョが良くついています。
a0153216_21324552.jpg

信じて丁寧にフロッグを通すと良いアタックシーンが見られます。

呼吸待ちのライギョ狙いでは鼻先まで追っては来ますが
口を使わず、もう少しといった感じでした。

大型魚が出る事は少ないですが、
近場のフィールドでのフロッグゲームが楽しめる季節になりました。

ご参考まで

平野


画像は、頂いたものをおおのが適当に配置しました。

平野さん、有り難うございました。
雷魚のフィールド画像は、よく知られた所も含めて
少ないので、今の状態を知ることが出来で嬉しいです。

来週までに、頂いているその2 をアップします。

                                おおの
by ls-ohno | 2011-05-16 21:47 | 雷魚 フィッシング レポート
ノリーズ ロードランナー ストラクチャーST700H


ノリーズ さんから ロードランナー 

ストラクチャーST700H

が入荷しました。

ストラクチャーって どんなロッド?

ノリーズさんのHPの説明です。

リアルな感度とトルクフルなパワーを身上とする「ロードランナー」ブランクの基本構成を受け継ぎながら、このシリーズが徹底して狙ったのはボトムでの繊細なソフトベイト操作性。反発スピードを早めるチタンフレームガイド、しっかり握り込まずにあえてファジーなホールド感を作るセパレートグリップなど、ソフトベイト用に特化させたからこそ採用できる大幅に軽量化したコスメティックを備えます。それらが作り出す繊細な操作感によって、高度なリグのコントロールが可能。最低限まで遊びを減らしたブランクによって、ラインテンションの操作だけでシンカーをストラクチャーから離すことなくトレースし、ラインスラックを出した状態からのバイトも反発を生かしたセッティングで鋭敏に感知。さらに感度を上げたタックルで起きがちな浅いバイトもグリップをファジーにする事で、感知しながらも深いバイトへと導きます。
 バスフィッシングのゲーム展開の中で、重要な一角を担うソフトベイトゲーム。その完成度を究極まで高めることができるのが「ロードランナー ストラクチャー」です。

STRUCTURE Blank
見た目は1ピースであってもブランク本体はグリップ入り口まで、そこから下のグリップは別体構造というロッドが多い中、ロードランナーはデビュー以来、グリップエンドまでブランク本体が貫通する完全1ピース設計を採用。ブランクの持つトルクやたわみをグリップエンドまで使い切れ、リアルな感度を活かせるセッティングとしています。その伝統を継承しつつ、さらにストラクチャーでは1本1本のブランク本体のグリップ部にカーボンを巻き足すことで肉厚大径化。強度アップとバランシングを施しながらブランクのポテンシャルを余すことなく引き出す設計としています。
※テレスコピックハンドルの各アイテムとST620XLS-As、ST700Hを除く。


ST700H "3/8-3/4 RUBBER JIG & TEXAS" - Baitcasting Model 2011NEW

Length(ft) / Total length(cm) :7’0" / 213cm
Piece :1-Grip Joint
Closed Length:179cm
Line:14-20lb.
Lure: 5/16-1oz.
Taper: Fast
Power :Heavy
TOP Dia.:2.2mm
BUTT Dia.:12.6mm
Weight:147g
Rear Grip Length(mm):260mm
Price:¥53,000

1/2oz. を超えるテキサスリグやラバージグでのカバー撃ち、ヘビーキャロライナなど、パワーゲームを一通りこなせるアイテム。重いリグをもたれず扱える強いティップ、ビッグフィッシュも一気にカバーから引き離すトルクフルなバットを持ち、それでいてリアルな感度も備えています。ロードランナーブランクスならではのパワーアイテムです。


a0153216_23295540.jpg


a0153216_23302978.jpg


a0153216_23305443.jpg


a0153216_23362895.jpg


a0153216_23371348.jpg


a0153216_23314469.jpg


a0153216_233318100.jpg


      おおの販売価格:@¥47,700-

                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-14 23:39 | バスルアー:用品入荷情報
ティムコ ステルスペッパー110S 6色をセレクト


ティムコさんから

ステルスペッパー110S

が入荷しました。



メーカーさんのHPの説明です。

コダワリ満載のプロップは、極薄0.3mmのステンレスバネ材を使用した完全オリジナル。自重が極めて軽く、デッドスロー~ファストリトリーブに至るあらゆるスピードでの確実な回転を実現。・・・・
リアプロップへの干渉を極力抑えるために、リアフックをわずかながら後方へマウントするオリジナルヒートンを採用。限りなくトラブルレスに近づけました。固定式低重心のウェイト設定により、いかなるリトリーブスピードでもボディが回転しない、「動かないボディ」。無防備かつナチュラルなベイトフィッシュを演出します。110mmサイズゆえにロングキャスト能力、ビッグフィッシュへの視覚的アピール力がアップ。サーチベイトとしても活躍します。

ステルスペッパー 110S 110mm 15g 
価格\1,764(本体価格\1,680)全8色



おおのがセレクトしたのは、次の6色。
a0153216_2304586.jpg

左から:002シルバーフラッシュアユ:279ギンワカサギ:272クリスタルシャート
:001ゴールドフラッシュアユ:220コセイアユ:258スーパーギル
a0153216_2324728.jpg


      おおの販売価額:@¥1,499-
                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-14 23:05 | バスルアー:用品入荷情報
ティムコ PDL パワーグライドジグ 3/8&1/2oz


ティムコさんから

PDL パワーグライドジグ3/8&1/2oz

が入荷しました。

メーカーさんのHPの説明です。

「ジグ」とは、バランスが全てです。フックが太い、大きい、ガードが堅いだけでは、全くその機能を発揮しないといっていいでしょう。まずはフック。ビックバスに伸ばされることのない強度とロングディスタンス時におけるバスのアゴを貫く貫通性能を追求。オリジナルデザインの特注フックです。またガードは、スッポ抜けをなくし、なおかつロングディスタンス時のフッキングの妨げにならず、ウィードなどの比較的なカバーやストラクチャー攻略にベストな堅さと本数を吟味。そして、ヘビーな使い方でもズレることのない最強のワームキーパー。琵琶湖プロガイド、国保誠が自信を持ってお届けする最強のキャスティングジグです。


a0153216_2213330.jpgナイロンが上下に2本突き出た形状の独自のワームキーパー搭載。
ナイロンの適度な”しなり”がワームの身切れを防止し、長時間のハードな使用にも耐え得るホールド力を実現。結果、ミスバイトを減らす効果も絶大!


入荷したのは(3/8&1/2oz共通)

a0153216_22203197.jpg

上段 左:22GRスケールシャッド 右:35BK/ブルークロー
二段目
左:14GRパンプキン 中:18ブルーギルⅡ 右:33バマバグ
三段目
左:31ウィードインパクト 中:23ゴーストハス 右:27グリパンキャンディー
a0153216_22263321.jpg


      おおの販売価額:@¥580-(3/8&1/2oz共通)

                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-14 22:33 | バスルアー:用品入荷情報
シマノ 夢屋 BFS スプールMg 34m/m


シマノ さんから

'07メタニュームMg/Mg7用の 

夢屋 BFS スプールMg 34m/m

が入荷しました。

a0153216_1755495.jpg


a0153216_17554784.jpg


      おおの販売価格:@¥9,480-

                               おおの
by ls-ohno | 2011-05-14 17:56 | バスルアー:用品入荷情報