ブログトップ | ログイン
ルアーショップおおの「NEWS」
lsohno.exblog.jp
早川 さん ついにきました 王手 です


 今日、お昼 早川さんからまたメールが・・・・

9匹目、釣れました!
11時59分
高速上流左岸
53センチ。
ビットストリームFMD95ダブルオレンジ


と有りました。

画像も添付されていました。

a0153216_1646043.jpg


a0153216_1794682.jpg



Wスコアへのチャレンジは、
  
  止めて、来シーズンに夢を託すも良し!

  チャレンジして達成するも良し!

  力を尽くして散るも良し!

9匹目おめでとう!! 俊君

                              おおの
# by ls-ohno | 2010-05-30 16:56 | トラウト系
LS-OHNO SNAKEHEAD NEWS 2010. NO.007



NO.007.

TBCの平野さんから、
海部郡の雷魚フィッシングレポード 第3弾 を頂来ました。

 
本日5/28に海部郡クリークへフロッグゲームに行ってきました。

まず早朝に大江のヨット池、牛池にバス狙いで

フローターを浮かべたのですが、

強風のためAM10:00に終了し、帰宅しました。

前夜の強風の影響で水温低下もあり
トップ(スゴイスプラッシュ)では
30cmを1尾とゲーリーシュリンプ5"で40upを2尾キャッチ。


一旦帰宅し、

ライギョタックルを準備し、
1時間だけ海部郡クリークへ行きました。

海部郡クリークは全体に水量が増え、ほぼ満水状態。

数日前の雨による濁りがとれはじめ、
薄い白い濁りが全域に広がっています。

水田からの落とし水の影響と思われます。

各所のクリークの境目の水門を締めて
満水をキープしている様に思います。
a0153216_1751498.jpg
  

全体にいつもよりは水温が下がっていますが、
次の晴天ですぐ回復するはずです。

陽差しは強いものの風が冷たく、上着が欲しい状態でしたが

水の中は冷えていないのか、時々ライギョの浮く姿を見る。

白い濁りと波立つ水面で確認しつらいが、

護岸の影を意識して丁寧にドッグアクションしてくると

後ろにライギョらしき魚体がつくのを確認できた。

一旦止めて次の首振りでアタックに持ち込め75up、

今期最大魚をキャッチすることができました。
a0153216_1714274.jpg
    

バス釣りの釣果は思う様に出ませんでしたが、 

短時間のライギョゲームは運良くキャッチできました。

少ない時間でもフィールドの状況を感じ取り、

フロッグを浮かせる釣行時間をとれる様に

チャンスを広げて行きたいですね。



今期はライギョフォト大会を休みましたが、

バス、ライギョともにサーフェースゲームを

リラックス+勝負の日を入れながら楽しんでいます。

時刻pm1:30~2:40
場所:海部郡のクリーク
天気:晴れ+風
<使用タックル>
ロッド:スミスGL76HT
リール:ABU5500C
ライン:PE6号
ルアー:スナプル(黒ベース+白皮)

(年配のおじいさんに携帯からライギョの
持ち写真を依頼したので苦戦し、
結局良いのが撮れませんでした。)

御参考まで

平野


平野さん いつも有難うございます。

近いところで、短時間の遊び。

申し分のないサイズだと思います。

                              おおの
 
# by ls-ohno | 2010-05-29 17:13 | 雷魚 フィッシング レポート
イチローさん 62.0cm 自己記録更新


 5月23日 大荒れの天候の中南湖に出船されたイチローさん。

御来店の折に、様子を伺いました。




イチローさんの釣果報告 

5月23日、寒冷前線の襲来予報から、琵琶湖のレンタルボートは

マリーナの要請で、予約キャンセルとなったため、湖上は空いていた。

マイボートの自分は、相棒を乗せて6:00am過ぎ マリーナの担当者の

「荒れたら帰って」の声を背に出船。

先ず、マリーナ前の木の浜のドシャローからスタート。

雨と風、前線の通過。

低気圧と言うことは、湖面へのプレッシャーは弱い。

当然バスは浮き気味に位置していることを前提に、今日のゲームを組む。

ワンテンキン/クロやスクリューベートハス系で10分ほどチェック。

居れば、直ぐ食ってくるが、バイトが無い。移動だ。

6時半頃、西岸の2~4mの低いウィードが生えている辺りに入る。

相棒が、即 40cm位をヒット! ルアーは、ワンテンキンクロ。

その後も、バックシートはポロポロ釣る。

自分もここは、ワンテンの潜行深度が合っていると実感できたので、

ワンテンキンクロを巻く。

すると、突然の重量感。デカイのが、揚がってきた。

62.0cm:3600g 何と、自己レコード更新だ。
      
a0153216_15394747.jpg


a0153216_15403540.jpg

その後も、何回か入り直し、40~45を数本獲ったが、

当りが無くなり、移動。


この日の自分の考え方は、

入り直しは、その日の波風を考えて入る方向、距離を考えること。

この日、この辺りには、モロコ、アユ、ハスなどが入っていた。

ルアーの選択は、ベートの種類、泳層を考えて決めるべし。

狭い場所は、そこで長く粘らず、入り直しをした方が結果を出し易い。



強い雨の中、東岸の赤の井沖2.5mラインのウィードが水面辺りまで

伸びているエリアに移動。

赤潮の中、水が良さそうな所を、スクリューベート、

ブザービーター(藻が引っ掛かるので数投で止め)などでチェック。

流しながら、沖のフラットになっているピンポイントを

IK180小南セクシーやディープX300ナチュラル系を巻いてみたが、

当りが出なかった。

ここもバスがステイしていれば、経験上直ぐヒットがある。

気配が無い場合は、即移動。

更に移動を続け、北山田、ディープホール、浜大津、自衛隊沖を

クランクベートでチェックしながら、センコーノーシンカーも

投入したが、当りが全くない。

やむを得ず、今日回ったエリアの中でもう一度チェックしたい所に

入り直した。

低温、土砂降り、強風で 寒さが身に凍みるため、終了した。

3.30pm頃、帰港した。

タックルデータ:
 釣行ヒット日時:2010.05.23.6:40am
 サイズ:62.0cm
 ロッド:ルーミスCBR783
 リール:シマノ;メタニュームMg
 ライン:メーカー?:フロロ14Lb
 ルアー:メガバス;ヴィジョンワンテン;キンクロ

この日のブラッシュさんの天気情報は:
 2010/05/23(日)
 [05:00]雨/強風
 気温 18度/長潮
 水温 瀬田川 21.2
 雄琴沖 20.0
 安曇川沖 16.5
 雄琴沖水位 +12cm
 放水 25t/s


追記
なお、5月26日(水)出船。
沖のフラットエリアで57cmを
センコーノーシンカー/グリパン系で釣った。
画像はこれ:
a0153216_15415414.jpg



イチローさん 有難うございました。

バス歴20年近くになるだけに、経験豊富。
南湖を知り尽くしているのではないでしょうか。
薀蓄のある話を頂き有難うございました。
これからも、是非お話をお聞かせ下さい。
 
                              おおの
# by ls-ohno | 2010-05-29 16:07 | バス釣果情報